teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


【川瀬巴水館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月22日(木)10時26分45秒
  「法隆寺」昭和31年・・・・山門の人を通した構図が面白い。
 
 

【谷内六郎館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月22日(木)09時48分41秒
  「雨やどり」・・・・今日の天気は予定にない「冷たい雨」である。今の東京は、空いてる土地は賃貸駐車場にするから「空地」などほとんど見られない。こんな空地風景はある意味「昭和の風景」と言えるかもしれない。  

【ちょっと錦糸町】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月20日(火)20時16分51秒
  ●兄貴に教わって確定申告の書類を作っている。自宅のプリンタでコピーしようとしたら、黒と黄のトナーが切れてしまった。錦糸町のヨドバシカメラで買う。
●ついでにブックオフにてマンガ10冊1080円だった。西岸良平作「3丁目の夕日」である。ビックコミックオリジナルにて40年くらい7連載中である。実写映画も3本作られて大ヒットした。
 

【無理はしない】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月16日(金)09時46分42秒
  黒柳徹子はテレビの創成期に超売れっ子になり、体を壊し倒れた。入院していてショックだったのは、渥美清と夫婦役をしていたテレビ番組で「奥さんはどうしたんですか?」と聞かれ「今、実家に帰ってます」ということになり、番組が何事もなく続いていたという。

担当のお医者さんに「もう体を壊したくないけど、どうしたらいいか?」と聞き、その答えは「絶対無理だろうけど・・・」と言う。しつこく聞くとその医者は「好きな仕事しかしないことだ」と言ったという。それ以来、彼女は「金になる」とか「名誉になる」とかの仕事は2の次にして「今、自分がそれをやりたいか?」を指針にしているという。もちろん誰にでもできる話でもない。でも、どこか彼女の話にウソがないのは、そのせいだと思われる。

ともすると「自分を縛ってしまうだけの仕事」になってしまう世の中で、気分だけでも「そんなゆとり」をどこか片隅に持ちたいものである。
 

【川瀬巴水館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月16日(金)09時02分22秒
  「日本風景選集:鹿児島 甲突川」大正11年・・・これがどこの風景か?は大した問題ではない。抽象的でシンプルな冬風景画である。  

【谷内六郎館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月16日(金)08時52分40秒
  「冬の鳥」・・・いつも谷内さん絵は子供が主人公になっているのが普通だが、これは貨物列車と鳥のすれ違いだけである。ある意味珍しい絵である。  

【2/15(木)図書館本とか】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月15日(木)22時53分49秒
  ●深川図書館からは、黒柳徹子関係本を4冊借りる。テレビ番組「徹子の部屋」を見ていると彼女は「日本芸能史の生き字引」のような感じがする。「すべての仕事は自分が好きなこと以外はやらない」と決めているのもすごいなぁ・・・
●木場のショッピングモールで床屋に寄る。本屋で、ちばてつや「ひねもすのたり日記①」を買う。ビッグコミック隔週連載4ページカラーである。アシスタントも使わないペンと透明水彩のみのマンガ4ページだが、日頃の日常スケッチや戦後の満州からの引き上げ体験をマンガにしている。連載も時々読んでいたが、通して読むと、けっこう面白い。
●「プレーボール2」の第2巻である。ちばてつやの弟、ちばあきおが亡くなって何十年経ったろう。その続編である。描いたのは全然別の若手マンガ家コージー城倉である。巻末にちばてつやの感想インタビューが載っているのが面白い。
 

【川瀬巴水館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月14日(水)21時40分9秒
  「吉田乃雪晴」昭和19年(1944)・・・明治、大正を代表する版画家・ 川瀬巴水は好んで富士の風景を作品に残しているが、本作もまた現在の山梨県吉田市新倉から臨んだ富士を描いたものである。 やわらかく分厚い雪が民家の軒を覆い、一日の始まりを告げる朝日がやがてそれらをきらきらと輝かせる。小さく描かれた人々が奥へと歩く姿が画面に有機的な動きを与え、その真上に富士はいつもと変わらぬ堂々たる様子で山深き土地の人々の営みを見守っている。  

【谷内六郎館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月14日(水)21時26分51秒
編集済
  「ブリキの一番星(ドイツにて)」・・・谷内さんの絵はほとんど日本の風景ばかりなのだけれど、編集部に依頼されて欧州旅行をしての絵だったと記憶する。日本風景のような「暗い深み」はないのだけれど、カワイイ絵にはなっている。  

【2/12(月)ちょっとテニス】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月13日(火)10時20分40秒
  ●お昼にご近所和菓子職人Mさんとお昼にコートに行く。2日前に雨が降ったので軽くローラーする。1時くらいに常連さん登場、みんなでダブルスをやる。
●この2週間テニスができてなかったので、久しぶりのテニスである。こうして「ぶらりとテニスできる」のはありがたいなぁ・・・
 

【今借りてる図書館本】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月10日(土)09時59分4秒
編集済
  ●先週借りた「その時歴史が動いた」マンガ本が面白かったので、図書館にあるシリーズ本の残り全部借りてきた。
●「歴史」の授業は年号ばかり丸暗記するみたいで好きではなかったが、歴史の流れ中心に読むと面白い。
 

【とある卒展を見る】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 7日(水)13時45分22秒
  ●昨日のブリューゲル展はけっこう疲れた。どんな展覧会でもそうだが「体力勝負」なのである。都美術館では東洋美術学校の卒展もやっていたので見る。
●友人が美術系高校の先生をやっていて、その作品展なんかも見ていたが、専門学校の卒展は40年ぶりくらいで見たことになる。
●マンガ科もあるが、イラスト科、絵画科などでもマンガ調の絵が多い。今では現代絵画でマンガっぽい絵もあって、1つのジャンルではあるが、僕たち世代にはなかったタッチである。
●パソコンソフトを使用しているので、何をどうして描いたのか分からない物も多い展覧会である。
 

【2/6(火)物語】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 6日(火)20時14分32秒
  ●午前中、深川図書館に行く。4冊借りる。
●午後は上野の都美術館「ブリューゲル展」へ行く。ブリューゲルの風景画は好きだが、会場で人気でみんなが撮影してたのは、花の静物画だった。ブリューゲルはひ孫まで画家で画家集団だったみたいである。
 

【川瀬巴水館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 5日(月)08時49分22秒
  「奈良二月堂」昭和9年2月・・・現在は二月堂の上に登れたんだっけ?昔、上に登ったような記憶があるのだけれど・・・  

【谷内六郎館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 5日(月)08時40分46秒
  「雪夜の虹」・・・・谷内さん絵は想像を膨らまして描いている場合が多いと思うのだけれど、これは実景を見て描いたような気がするなぁ・・・  

【とある冬の1日】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 2日(金)07時31分25秒
 

寒いなぁ・・・一人暮らしだと、暖房費もバカにならないので、布団で本やマンガを読んでいる時が多い。今年の冬は寒いなぁ・・・毎年こんなに寒かったっけと思う毎日である。

545710木場公園でラジオ体操~犬友仲間と会う。

710800「花子とアン」「笑ろてんか」を見る。

800900 BSプレミアムで日替わり番組を見る。木「英雄たちの選択」は面白い。

12001245 「徹子の部屋」「越路吹雪物語」

15501650 「救命病楝24時」

何か、「何もしてないような毎日」である。そろそろ「何か」しないといけないなぁ・・・

 

【川瀬巴水館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 1日(木)10時11分5秒
  「忍野の富士」昭和17年・・・富士山撮影では現代もここは人気の場所である。古い民家も残している。  

【谷内六郎館】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 2月 1日(木)09時49分24秒
  「雨だれの春の序曲」・・・・東京には先日の雪が残っているから、実感ある風景である。  

【ラジオ体操の朝】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 1月31日(水)08時23分17秒
  ●僕は会社時代から目覚まし時計は使っていなかった。朝日が出ると目覚めるので、そんなもの必要なかったのである。もっとも、今の時期、ラジオ体操のはじまる6:25にはまだ朝日が昇っていない。
●昨日は前日遅くまで飲んでいたから寝たのは午前2時くらいになってしまった。目覚めたら6:30だった。これは間に合わない。実は前日もダラダラしていて起きられなかったのである。「起きられない時は起きられないだけの理由がある」のである。「頑張って起きない」ようにしている。
●2日休んだので、ラジオ体操仲間と犬散歩仲間からも「2日どうした?」と聞かれてしもうた。まぁ、朝起きようとしたら「早く寝たらいい」だけなんだけれど・・・
 

【1/29九州の友と飲む】

 投稿者:マミケン  投稿日:2018年 1月30日(火)10時25分40秒
編集済
  九州のNくんが上京するという。彼が1度行きたかったという日本橋の地図書店で会う。
その後、大井町線荏原町に移動、彼の友人の次男くんが任されているレストランで飲む。
スチールと映画のカメラマンをしている長男くんも合流して盛り上がる。
 

レンタル掲示板
/489