teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2塁ランナーがいる時のバンド処理

 投稿者:箕谷コーチS  投稿日:2008年11月17日(月)19時52分36秒
返信・引用
  【質問】ノーアウト、またはワンアウトで、
2塁にランナーがいる時、バッターがバンドの構えを
した場合の内野守備について教えてください。
(内野手はどのように動けば良いのか?)


【回答】(Bチーム監督、ヘッドコーチに確認)
Bチームではこの場合、2塁ランナーを簡単に
3塁へ盗塁させない為、サードはバッターがバンドの
構えをしてもすぐには前に出ず、
ピッチャーとファーストにバンド処理を任せる守備をします。

但し、バンド(打球)の飛ぶ位置により、動きが変わり
ますので、各内野手の動きを以下に書きます。

あくまでも代表的な動きですので、プレー中にエラー等があった場合は、
とにかく2塁ランナーをホームに帰さないよう注意しましょう。
-------------------------------------------------------
<ピッチャー>
(1)投球後ピッチャー前、3塁側のバンド(打球)を処理する為、
   やや3塁側にダッシュします。
  (バスターの可能性もあるのでバッターの動きに要注意)

(2)処理できる範囲のバンド(打球)は自分で処理し
   セカンドランナーを目で確認後、ファーストへ送球する。
   (サードに送球して間に合う場合はサードへ送球しても良いが
   アウトにするのは難しいのでファーストに送球し、
   アウトカウントを増やす方が良い)

(3)バンド(打球)がきつくサード側に抜けた場合
   サードが前に出てこのボールを処理するので、ピッチャーは
   そのままダッシュして3塁ベースカバーに入る。
   (ショートは2塁ベースカバーに入る)
   この時3塁手の送球を邪魔しないように注意。

<キャッチャー>
(1)キャッチャー前のバンド(打球)はキャッチャーが
   捕球し、3塁が間に合えば3塁へ送球。
   但し、暴投になると1点入るので要注意。
   3塁に送球するよりファーストへ送球し、
   アウトカウントを増やす方が良い。

(2)3塁、ピッチャー等がバンド(打球)処理し、
  ファースト送球後、2塁ランナーが3塁を周り
  本塁を狙ってくる場合があるので、バックホーム
  、クロスプレーに備える。

<ファースト>
(1)1塁方向のバンドを処理する為、前にダッシュする。
   (バスターの可能性もあるので打者の動きに要注意)

(2)処理できる範囲のバンドは自分で処理し
   2塁ランナーを目で確認後、ファーストカバーの
   2塁手へ送球する。
   (3塁に送球して間に合う場合は3塁へ送球しても良いが
    アウトにするのは難しいのでファーストに送球し、
    アウトカウントを増やす方が良い)

(3)ピッチャーがバンド(打球)を処理した場合は
   ピッチャーがファーストへ送球する邪魔にならないよう
   立ち位置に気をつける。(1塁ベースは2塁手がカバー)

(4)バンド(打球)がピッチャーとファーストの間を抜けた場合は
   セカンドが打球を処理するので、急いで1塁ベースへ戻る。
   (バッターランナーとぶつからないよう注意する)

<セカンド>・・・通常の守備位置から
(1)バスターでのヒッティングの可能性もあるので、
   バッターがバンドした事を確認してからファースト
   ベースへカバーに入る。

(2)バンド(打球)がピッチャーとファーストの間を抜けた場合は
   自分で処理する。(自分でファーストベースに入るか、
   戻って来た1塁手に送球(トス)する。

(3)ピッチャー、1塁手、3塁手がバンド(打球)を処理した場合、
   ファーストベースに入り送球を受け、バッターランナーをアウトにする。
   1塁アウト後、(2塁から進塁した)3塁ランナーが本塁を狙う
   可能性があるのですぐにバックホームに送球する体制に入る。

<サード>
(1)バッターがバンドの構えをしてもすぐにダッシュしない。
   前にダッシュし、サードベースを空けると2塁ランナーに
   簡単に3塁盗塁されてしまう。
  (バッターはバンドの構えだけで2塁ランナーは盗塁できてしまう)

(2)ゆるい3塁側のバンド(打球)は、ピッチャーに任せ、
   三塁ベースのカバーに入る。

(3)きつい3塁側のバンド(打球)、またはピッチャーが処理できない
   ような3塁側のバンド(打球)は自分で取りに行き、ファーストへ送球する。
   この時、3塁ベースにはピッチャーがカバーに入る。
   (ファースト送球時、ピッチャーとぶつからないように)

(4)ピッチャー、1塁手が3塁へ送球してくる場合も
  あるので、ランナー2塁のみの場合は、タッチプレー、
  ランナー1、2塁の場合はフォースアウトに備える。
  エラーすると1点入るので必ず体で止める。

<ショート>・・・2塁ランナーのリードする背後の位置から
(1)バスターからヒッティングにくる可能性もあるので、
   バッターがバンドをした事を確認後、2塁ベースカバーに入る。

(2)バンド(打球)が3塁とピッチャーの間を抜けた場合は
   ショートが処理する為、自分で処理する。(打球を見てから動く)
   この場合は2塁ランナーとぶつかりそうになる場合もあるが
   守備が優先。もしぶつかった場合は守備妨害で2塁ランナーはアウト。
   (ランナーを避けようとしてエラーするとこれは損!!)

<レフト>
(1)3塁ベースへの送球のカバーに走る。

<センター>
(1)2塁ベースカバー
   1塁送球暴投時、バッターランナーが2塁へくる。
   または、バッターランナーが1塁セーフで、
   2塁ランナーがホームへ突っ込んだ場合、1塁手は
   バックホームする。その際バッターランナーは2塁に来る。

<ライト>
(1)1塁送球のカバーに走る。
 
 

何でも聞いてください。

 投稿者:箕谷コーチS  投稿日:2008年11月15日(土)20時23分58秒
返信・引用
  練習中に監督やコーチから教えてもらった事がわからなかったり、
テレビでプロ野球を見ていて不思議に思った事など、
なんでもわからない事があればこの掲示板を使って質問してくださいね。
自分の名前は書かなくてもいいですよ。

先週、選手から質問された内容を例として書いておきます。

【質問】シートノックなどで、外野からバックホームする時、
「カットまで!」と言うけど、どういう意味ですか?
もし、カットに入る内野手がホームと一直線の位置に入っていなくても
(間違えた位置にいる)カットの内野手にボールを投げるのですか?


【回答】
「カットまで!」とは、「正しい位置(ホームと一直線上の位置)にいるカットマン
(内野手)まではしっかりと投げる。という事です。
あくまでもホームめがけて送球し、カットマンがカットできる高さのボールを
しっかりと投げます。

もし、カットマンがホームと一直線上の位置に入っていない場合は
その間違った位置にいるカットマンめがけて投げてはいけません。
ホームをめがけて低いボールでしっかりと投げます。

間違った位置にいるカットマンめがけて投げて、もしカットマンがエラーしたり、
送球がそれた場合、カバーに入る人がいません。
なぜならば、カバーに入る人は、ホームにボールが投げてこられると思って
その位置にカバーに入るからです。
 

レンタル掲示板
/1